澤田教一 故郷と戦場
2017年9月9日(土)― 2017年12月25日(月)
ビンディン省ロクチュアン、1965年 Sawada Kyoichi / Getty Images
1936年に青森市に生まれた澤田教一は、米軍三沢基地での勤務を経て、1965年に戦火の絶えないインドシナ半島に赴きました。ベトナム戦争が拡大の一途にあった時期に最前線での撮影を続けた澤田は、34歳で銃弾に倒れるまでの約5年間に、数々の傑作を世に送り出し賞を受賞します。ピュリツァー賞受賞作に含まれる《安全への逃避》(画像上の中央)では、戦闘で故郷を追われながらも、必死に生き抜こうとするベトナムの人々の姿を捉え、世界中に戦場における過酷な現実を突きつけました。
本展では未発表のカットを含む写真や戦地から送られた電送写真原稿など約300点を展示いたします。写真に写し出された故郷と戦場、そこに交錯する生と死を通じて、澤田教一が身を賭して伝えようとしたベトナム戦争に迫ります。「アメリカの戦争」について考えるよき機会となれば、幸いです。


澤田教一、1966年
米軍三沢基地のカメラ店での澤田教一と妻・サタ、1958年
澤田教一 略歴

1936年
青森県青森市に生まれる。
1954年
青森県立青森高等学校卒業。
1955年 
米軍三沢基地内のカメラ店で働きながら、本格的に写真を撮り始める。
1961年
プロのカメラマンを目指し上京。同年12月、UPI通信社東京支局写真部に入社。
1965年
UPIサイゴン支局にスタッフカメラマンとして赴任。9月、代表作となる《安全への逃避》を撮影。この写真で12月、第9回世界報道写真コンテスト第1位を受賞。
1966年
《安全への逃避》を含む一連のベトナム戦争の写真でピュリツァー賞を受賞。《泥まみれの死》、《敵をつれて》が、第10回世界報道写真コンテストで第1位、第2位を受賞。ベトナム戦争の写真でU.S.カメラ賞を受賞。
1968年
2月、テト攻勢下のフエを撮影。9月、UPI香港支局写真部長として転勤。
1970年
UPIサイゴン支局に再び赴任。5月、カンボジアでUPIプノンペン支局長のロバート・ミラー記者と共に取材に向かう途中、共産主義勢力の兵士に捕まり、8時間あまり拘束されるが無事生還。10月、カンボジア取材中、プノンペン近郊で銃殺され、34歳で死亡。

カンボジアを取材した一連の写真により、1971年のロバート・キャパ賞を受賞。

サワダが伝えた「アメリカの戦争」


| 展示構成
澤田教一の生涯の活動を年代にしたがって、撮影地を中心に、青森、ベトナム、カンボジアと大きく3つのパートに分けて紹介します。
写真作品約200点 ・資料約100点(電送写真原稿、ポートレイト写真、手帖、書簡ほか)を展示します。

青森・三沢 1955-1961年
米軍基地からベトナム戦争の最前線へ
青森市寺町(現:本町)に生まれ、青森県立青森高等学校を卒業。青森市の写真家・小島一郎が経営する写真機店で働き始めてから約半年後、同店系列の米軍三沢基地内にあるカメラ店に転職。その頃からアマチュアカメラマンとして熱心に写真を撮り始める。最新のカメラやフィルムを商う職業柄、当時としては珍しいカラーフィルムを入手し、県内の風景を頻繁にカラーで撮影していた。後の活動に多大な影響を及ぼした三沢時代に撮られた風景写真の中には、大国アメリカと三沢という極東アジアの一地方の風景が、強いコントラストをなして交互に現れ、アメリカへの憧憬と同時に、二つの風景を隔てる大きな溝もまた写し出されている。

ベトナム 1965-1968年
戦場カメラマン・サワダの誕生
1961年に上京した澤田はUPI 通信社東京支局に職を得、1965年には、念願のUPI 通信社サイゴン支局のスタッフカメラマンとして、本格的にベトナムで取材を始める。ベトナムに渡ったその年に撮影した、《安全への逃避》によって高い評価を得た澤田は、翌年には《泥まみれの死》、《敵をつれて》などの傑作を立て続けに世に送り出し、瞬く間に報道写真界の頂点に上りつめる。当時ベトナムの戦地では、世界中の名だたるカメラマンたちがスクープをものにしようと鎬を削っていた。《安全への逃避》によってピュリツァー賞を受賞した澤田は、自信とプレッシャーの中で、こうしたライバルカメラマンとの戦いをエスカレートさせていくことになる。主要な作品やテト攻勢下のフエなど前線での写真と合わせて、山岳民族や解放戦線の兵士たちなど、様々な状況で戦時を生きるベトナムの人々の姿を撮影した写真を展示。泥沼化していくベトナム戦争の軌跡を辿る。

カンボジア 1967-1970年
最期の地での足跡
ベトナム戦争が泥沼化する中で、1970年米軍は、北ベトナムに打撃を与えるべく、その支援ルートとなっていたカンボジアに侵攻。しだいに戦線はカンボジアへと拡大する。それにともなって、澤田の目もベトナムからカンボジアへと向けられるようになる。カンボジアのトンレベットで内戦に巻き込まれて逃げ惑う人々を撮った一連の写真は、死後、ロバート・キャパ賞を受賞した。またカンボジアについては、休暇で訪れたアンコールワット遺跡群のカラー写真も残っている。1970年10月28日、澤田はプノンペンに赴任してきたばかりの支局長の要請で、二人で車で取材に出かけた道中、プノンペンから34キロ離れた国道2号線の脇で銃殺された。最期の地ともなったカンボジアでの足跡を辿る。

「ほんとうのものを知りたい、つかみたい」
米軍三沢基地内、1955-61年
ダナンの南16km、1967年
カンボジア、1967-70年

| 展覧会の見どころ

初期作品等未発表写真多数
本展ではサタ夫人所蔵のオリジナルフィルム約2万3000カットをはじめ膨大な資料を調査しました。そのなかから未公開カットを多数含めて新たにプリントしました。青森でのアマチュア時代に撮った米軍三沢基地内やその周辺の風景写真は、華やかな基地内の生活と青森との風景の間にあるギャップを写し出し、戦場カメラマン・サワダを生んだ土壌について、多くのことを物語っています。またベトナムやカンボジアでの未公開写真からは、同行した米軍の戦いぶりだけでなく、彼らが捕えた解放戦線の容疑者や兵士たちが見せる表情を通じて、東アジアにおける「アメリカの戦争」に翻弄される人々の姿を伝えることに対する澤田の強い関心が浮かび上がってきます。

テト攻勢下のフエ
1968年のテト攻勢の際に、誰よりも早くフエに入り前線で撮影した攻防戦のシリーズを、澤田の最高傑作と呼ぶ人は少なくありません。戦闘の勃発から収束まで、約 1 か月にわたるフエの取材を大型写真と連続カットのパネル写真で展示。戦場写真の迫力と緊張感を伝えます。展示用のインクジェットプリント制作にあたっては、写真家の北島敬三氏が監修しました。

遺されたネガをシークエンスで
澤田が遺したネガは、UPIなどで配信用に使用されたため、バラバラな状態で保管されていました。本展では、調査に基づきそれらをつなぎ合わせ、連続したシークエンスとして見せることで、戦場という切迫した場でのカメラマンの身体や判断のあり方、撮影の方法などを検証します。
米軍三沢基地正門前、1955-61年
フエ、1968年

フエ、1968年
「そこにいれば、いい写真は撮れる」


|関連イベント
● トークイベント「澤田教一が伝えた『アメリカの戦争』」
生井英考(立教大学教授)× 高橋しげみ(青森県立美術館学芸主幹)× 小原真史(IZU PHOTO MUSEUM 研究員)

日時:9月16日(土)15:30-16:45
会場:クレマチスの丘ホール(IZU PHOTO MUSEUMから徒歩2分)
当日有効の入館券が必要です。
参加方法:お電話にてお申し込み下さい。
TEL:055-989-8780(水曜休)

イベント特設ページへ

● 学芸員によるギャラリートーク
日時:会期中の第2・第4土曜日 各14:15より(約30分間)
会場:IZU PHOTO MUSEUM
料金:当日有効の入館券のみ必要です。
申し込み不要(当日美術館受付カウンター前にお集まりください。)

|関連書籍
『澤田教一 故郷と戦場』
発行:羽鳥書店、2016年
定価:本体価格 4,500円+税
A4判変型 / 並製 / 296頁(カラー240頁)
寄稿:生井英考、石川文洋、高橋しげみほか

漫画家・西島大介の漫画で、ベトナム戦争をわかりやすく解説
ベトナム戦争を題材にしたコミック『ディエンビエンフー』(小学館、現在双葉社より復刊中)の西島大介が描き下ろした漫画「澤田教一と行くベトナム戦争史」のリーフレット(青森県立美術館制作)を会場で無料配布します。限定1500部。

  主催: IZU PHOTO MUSEUM 企画協力:青森県立美術館
  機材協力: 株式会社DNPフォトイメージングジャパン 学術協力: 青森中央学院大学・立教大学生井英考研究室